お金を借りるのには不動産担保ローンが良いと感じた

家賃収入などから返済に充てることが可能

消費者金融などからお金を借りるわけにはいきません消費者金融は保証人等は必要ありません家賃収入などから返済に充てることが可能

基本的に不動産投資がある程度うまくいっていれば、家賃収入などから返済に充てることが可能です。
実際に計算してみると、アパートの部屋の数を10室として1つの部屋あたりの賃料60,000円と換算します。
そうすると1ヵ月あたり600,000円ほどの家賃収入があるわけです。
長期的に見れば、アパートの修繕等を考えなければならないため60万円全てを返済に充てるわけにはいきませんが、そのうち半分でも返済に充てれば1年で4,000,000円近く返済をすることができます。
そうするとわずか5年ほどで返済が可能です。
ただこのような時は、あまり皮算用をするべきではないと賢い大人から教わってきました。
つまり借金をする場合は最悪の事態を想定しなければいけません。
考えられる最悪な事態とは、あまり考えたくはありませんが入居者がほとんどいない場面です。
一般的に新しいアパートを建てた場合、よほど不人気のところでなければ半分以上は埋まるとされています。
半分程度しか埋まっていなかった場合でも、1年間で家賃収入が3,000,000円ほどあり、そのうちの1,500,000円を返済していけば10年程度で返済できる計算です。
それ以外にも自分自身の会社員としての収入もあるため、おそらく返済は問題ないでしょう。
いずれにしても、少し厳しめにシミュレーションするのが大きなお金を動かすときの基本といえます。