お金を借りるのには不動産担保ローンが良いと感じた

消費者金融は保証人等は必要ありません

消費者金融は、無担保ローンで有名でしかも保証人等は必要ありません。
最近は銀行も経営が苦しい部分もあり、キャッシングなどを積極的に行っています。
このキャッシングに関しては、やはり消費者金融と同じように無担保ローンで保証人がいりません。
ただその反面金利が高いのがデメリットと言えるでしょう。
特に大きなお金を借りる場合、5%程度の金利になると考えれば長期間借りるにはあまり向いていません。
そこで、不動産担保ローンを利用することにしました。
不動産担保ローンは、自分が不動産を所有している場合に使うことができるものです。
例えば一戸建て住宅を所有してその家に担保権が設定されていない場合、不動産担保ローンの担保として自分の家を差し出すことができます。
実際に差し出すといっても担保をつけるだけなのでそこに住み続けることができるわけです。
もし借りたお金を返済することができない場合は、担保権を設定した不動産が持っていかれますので、注意をしなければいけませんがある程度価値のある不動産を持っていたため、大きなお金を借りることが可能でした。
実際に借りたお金は20,000,000円ほどになります。
不動産担保ローンの魅力の1つは、何といっても金利が低いことです。
消費者金融からキャッシングを利用した場合などのように3%から5%といった金利ではなく、その10分の1以下の金利になっているため、長期間借りるのに向いています。
長期間借りた場合でも金利が少ないためそれほど返済額が膨らむ事はありません。

消費者金融などからお金を借りるわけにはいきません消費者金融は保証人等は必要ありません家賃収入などから返済に充てることが可能